http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2016/11/964a19930e260bd32b9a4bb885f8a40c_m.jpg
php
http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2017/04/ca58c53de522858694c1391741cbb244_m.jpg
PHP

メールを送信するPHPプログラムを追加しよう!
いろいろ表示する命令の後に、このように追加します。スペルが難しい命令も出てきますので、工ラーが出たらよ~く見ながら直してくださいね。あれれ?エラーが出た!? いえ大丈夫です。これWarning( ワ一二ング)といって、エラーではありません。send_mail の行で Warning が出ていますね。それでいいんです。実際のサー バーではなく、サーバーとそっくりな動きをしてくれる XAMPPの環境でプログラミングを しています。ネット上ではないので、メールを送信しようとしても送れないわけです。なのでこれでいいの ?と警告してくれているのです。これまで作ったプログラム をネット上のサーバーに上げると、本当にメールが飛んできます。これは感動しますよ!
さて無事にメールは飛びましたが、このままでは、せっかくお客様から頂いたデータがあな たの手元に保存されません。それを保存するために、さあ、いよいよデータベースの世界に 入っていきましょう!
<おすすめ>PHP入門なら1日でできるPHP入門講座C60

条件if文

一連の処理の中では、条件が成立するかどうかによって、その後の処理を変えることもよくあります。このようなことを行うにはifゃ switchという文を使用 します。
if 文の基本型・・・まず、条件が1つだけの基本的な if 文から説明しましょう。条件の部分には、条件を判断するための式を入れます。条件式では、記号を使用して、 2つの値を比較します。なお、比較に使用する記号のことを比較演算子と呼びます。 「=」と間違えてしまうことがよくあるので、注意してください。 「=」にすると代入が行われて比較にはならないので、スクリプトが思わぬ動作をすることになります。 if とelse の間には、条件が成立したときに行う処理を入れます。複数の文からな
る処理を入れてもかまいません。また、 else の後には条件が成立しなかったときの
処理を入れます。 ru と ru の間の文は、字下げ(インデント)して、「ここは条件によって行われる処理だ」ということが分かるように書くことをお勧めしま す。なお、「条件が成立しなかったときには何もしないJという場合は、 else 以降の部分を省略します。