http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2016/11/964a19930e260bd32b9a4bb885f8a40c_m.jpg
php
http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2017/04/ca58c53de522858694c1391741cbb244_m.jpg
PHP

変数には数値や文字などを代入できますが、これらのデータの種類のことを「型」と呼びます。スクリプト系の言語では、データの型をあまり意識す ることなく文を書けます。 型が関係する問題として「数値と文字の計算」があります。スクリプトの中では、 文字列の中にある数字を数値とみなして計算したいということがよく出てきま す。多くのスクリプト型の言語では、このようなことは自動的に行われます。 PHP でも、数値と文字を計算しようとした場合、その文字が数値に変換できるも のであれば、自動的に変換されるようになっています。たとえば、 $x= 3+  “5”; という文を実行した場合、文字列の 「5」が数値の5に変換されてから計算が行われ、 変数$x には 8が代入されます。 また、文字列の先頭部分が数字であれば、それ以降が数字でなくても変換が行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です