http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2016/11/964a19930e260bd32b9a4bb885f8a40c_m.jpg
php
http://leehillershopping.com/wp-content/uploads/2017/04/ca58c53de522858694c1391741cbb244_m.jpg
PHP

インターネットでのコンビュータ同志のやり取りには「決まり」があって、この「決まりのことを「プロトコル(protocol) と呼んでいます。「クライアントの要求に答えて、Webサーバーが コンテンツを送り返す」という処理は、 HTTP (Hypertext Tran sfer Protocol )というプロトコルでやり取りをしています。ですから一般的に 「Web サーバーは HTTP サーバー」であるわけです。ちなみにメール送信ではSMTP プロトコル、メール受信ではPOP3 というプロトコルが有名です。

WebページのURL は「工イチティーティーピーコロンスラスラ…( http :// … )」 と書きますが、これは 「HTTPプロトコルで通信する」と宣言しているのです。Webサーバーとクライアン卜はHTTPプロトコルによって、 「HTMLを送って」「いいよ HTMLを送ったよ」「次にこの画像を送って」「画像を送るよ」といったやり取りを繰り返し実行します。Webサーバーは万人に公開されています。世界中のどこかでも 、どんな人からでも、 HTTPリクエストがあれば、忠実にWebページを送り返しているWebサーバー。Webサーバーに要求を出す人の中には、プログラムやシステムに詳しくて、しかも悪意を持ち、 情報を盗んだり、破壊したり、といった行為をする人もたくさんいます。私たちが PHPで作ったプログラムを公開するということは、そのような悪意ある人たちと戦っていかなければいけないということを意味するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です